わきがの治療法の種類には何が在るの?

わきがを治すためには剪徐法と呼ばれている方法でわきが汗の原因になっているアポクリ腺を切除する方法が有効だと言います。剪徐法はメスを使い皮膚を切開するため、麻酔を使う、傷跡が残るなどのリスクが在りますが、綺麗にアポクリン腺を切除した場合には再発が起こり難いと言った治療法になるわけです。外科手術により方法には幾つかの治療法が在るのですが、ボトック注射やマイクロ波を照射する治療法などが在るため、傷跡などが残るのが不安と言う場合には幾つかの選択肢が在ると言う事ですね。

ボトック注射によるわきが治療は簡単です

わきが治療の中でも簡単に行う事が出来るのが美容皮膚科などで行われているボトック注射です。ボツリヌス毒素から抽出した薬剤をアポクリン腺に注入させるとわきが汗を止めることが出来ると言うわきが治療法。但し、ボトックス注射は完治する方法ではないため、半年毎などのように繰り返し施術を受ける事が必要になるわけです。注射器を使って薬剤を注入するだけと言う簡易的な方法ですが臭い対策には有効であり、利用されている人も多いと言います。

切らずに治すことが出来るのはミラドライのみ

剪徐法は完治するけれども傷跡が残り、ボトックス注射は簡単に行えるけれども、薬の効き目が切れてしまうと再び臭いが出てくる可能性が在るなど、どちらもメリットデメリットがあるわけですが、ミラドライは超音波を使って汗腺組織の機能を停止させる作用が在り、皮膚を切開せずに治療が出来る、施術を受ける事での治療効果も在るなどの理由から、新しいわきが治療法として注目されています。また、切らずに治療が出来るので夏前に行っても傷跡などの心配もなく、お洒落を楽しめるのも魅力ではないでしょうか。

わきがとは、人間の腋の下から発生する汗が刺激臭となる病です。その臭いが周りの人に不快感を与える可能性もあり、治療が必要となる場合もあります。