現代の歯科の基本は予防医療

歯がしっかりとしていることは健全な食生活を送るために欠かせません。虫歯や歯周病で悩まされる人も多くなっていて、歯科で治療を受けて歯を削ったり抜いたりしてしまうこともあるでしょう。しかし、現代の歯科での基本的な考え方は予防医療になっていることは理解しておくことが大切です。適切な口腔ケアを行っていけば歯を削ることも抜くことも必要ありません。大切な歯を保存していくために歯科に相談してみるのは賢明な考え方となっています。

歯ブラシで磨くだけでは不十分

虫歯や歯周病の予防をしていくためには歯ブラシで磨くだけでは不十分であることもよく理解しておく必要があります。ずっと虫歯に悩まされたことはないから大丈夫だという人も、ある日突然歯が痛み出したり、出血に苦しめられたりすることがあるのです。歯ブラシで磨いただけでは完全に歯垢を取り除くことはできないため、デンタルフロスなどを用いて歯の間にある歯垢もきっちりと取り除く必要があります。その指導も歯科に行けば受けることができるでしょう。

定期的なチェックで万全な対策

自分でしっかりと口腔ケアができていると思っても、必ずしも100%のことができているとは限りません。定期的に歯科に通ってメンテナンスを行ってもらうと万全な対策になります。予防歯科を大きな看板として掲げている歯科に通って定期検診を受けると歯に関して心配を抱く必要はなくなるでしょう。一ヶ月から三ヶ月程度に一回は通うようにして完璧な口腔ケアをしておくといつまでも自分の歯を良好な状態で保てるようになります。

歯医者に行くのが怖い人も根管治療をすれば歯ぐきや歯が痛くなくなるので、早めに受診をしたほうがいいです。