プレケアでしっかり保湿

ムダ毛処理方法で最も使われているのが、簡単に自己処理できるカミソリです。一度に多くの毛を処理できるので、頻繁にカミソリを使う人も多いのではないでしょうか。間違った方法で何度もカミソリを当てると、肌を傷つけますし、黒ずみの原因にもなります。肌への負担を最小限に抑えるために、まずはプレケアをしましょう。方法は、蒸したタオルを当てて肌をやわらかくします。その後、化粧水と乳液でしっかり保湿です。これらをムダ毛処理の前に行います。

シェービングは剃り方を守って

プレケアが終わったら、シェービングです。お風呂場で濡れた肌のまま行うと、肌を守る角質まで剥がしてしまうため、お風呂上りに乾いた状態で行いましょう。10分後が目安です。ワセリンを塗るときれいに剃れますし、処理後の保湿にも効果的です。ボディソープやシェービングクリームは、肌の脂分まで取ってしまうのでお勧めしません。剃り方は毛流れに沿うのが基本です。脇は毛流れがバラバラなので、くぼみを平らにして同じ方向に剃ります。脚は上から下へ一気に。膝部分はしわに沿って横方向です。毛穴が広がるので逆剃りは禁物です。黒ずみになるので同じところを何度も剃ってはいけません。処理間隔は2週間に1~2回がベスト。夏場は回数が増えるため、できるだけ刺激の少ない電気シェーバーを使いましょう。抑毛ジェルを使って発毛を抑え、処理回数を減らす方法もあります。

アフターケアは再びしっかり保湿

シェービング後は、知らない間に肌を傷つけて細菌が入り、炎症を起こしやすくなっています。毛穴のボツボツや赤みを防ぐために、アフターケアも怠ってはいけません。化粧水とクリームの2段階保湿を行いましょう。乾燥肌の場合、固めのボディクリームではなく、水分が多いローションや乳液を使います。肌が弱くなっているので、刺激の強い化粧水も避けます。肌が特に弱い、毛が固くて濃い、などの悩みを抱えている場合は、数時間間隔で何度も保湿を行うと効果的です。日常生活では、規則正しい生活と適度な運動をして肌の新陳代謝を正常に保つように心がけます。肌の再生力が高まり、肌トラブルを防ぐことができます。

永久脱毛を新宿で選ぶには、まずはファッションモデルや女優が通っている店舗の特徴を調べることが有効です。